宗偏の人となり
武家の血を受け継ぐ周覚は、
高い教養と武士としての資質、
そして「ヌルキを嫌う美意識の高さ」を
備えていました。
また、武道で鍛えた
丹田の稽古があったからこそ、
現在の宗徧流の美しい点前があります。
師範に使える宗偏
宗旦の門弟となった周覚は、茶の稽古だけではなく、
路地の掃除や井戸での水汲み、
薪割りなどの力仕事まで、
心身を捧げて宗旦に仕えました。
宗偏の独立
宗旦は、仏教の教養があり、武家の教育をうけていた
周覚をことのほか信頼し、
利休伝来の秘宝をことごとく授けました。
心身を捧げて仕えた周覚と師匠宗旦の間には、
純一無雑な魂の結びつきが生まれ、
稀有な師弟愛によって、
宗旦は周覚に印可を授けました。
また、周覚は師の宗旦から利休の
茶的伝の証を授かります。
これが「お許し」のはじまりです。
流祖宗徧プロフィール

  • 1627年、京都長徳寺に生まれる
  • 6歳で茶の道を志し、遠州流の茶を学ぶ
  • 本願寺で勉学を修める
    ※後の琢如上人は当時のご学友
  • 18歳で宗旦に入門
  • 26歳で宗旦より皆伝を授かる
    同時に四方釜をいただき四方庵と名乗る
  • この後寺を辞する

流祖、独立の契機

印可と四方釜
印可と四方釜を授かる
四方庵
洛西三宝寺に四方庵を建てる
扇額
参禅の師、大徳寺翠巌和尚から扁額を授かる
茶杓
宗旦から茶杓を授かる茶杓伝授の始まり
茶碗
印可と四方釜を授かる

報恩の心を大切に

謝恩の心を育みます

宗偏流

宗偏ものがたり