指導の特色

「茶道は点前を通して身体の動かし方と道具の扱いを学び、日本の美とその心を会得する修道です。」

茶道は唐物(からもの)という、中国文明が一番栄えた南宋(1127〜1279) 王朝の文物を用いた、南宋時代の高級飲料であった抹茶を用いて、権力者の饗応(もてなし)として始まりました。

南宋など、中国の宝物である唐物を引き立てる空間作り、飾り方、扱いの仕方が、武家礼法とも絡みながら、鎌倉室町と日本人の好みに合わせて改良されてきました。

そして南宋の精神と美意識を咀嚼する中、数が限られる唐物から、日本人が製作した茶道具が主流になっていきます。

元々もてなしとして始まり、少数の富裕層が楽しめる茶の湯と呼ばれていましたが、たしなむ人口が増え、もてなしをするよりも、学ぶことが主体になり、抹茶をお客様に点てる「点前」を学ぶことが稽古として成立します。そして稽古自体が目的化し、もてなしの「茶の湯」から、点前を学ぶ稽古事の「茶道」への転換が進み、日露戦争後女性向けに体系化され、現代へとつながります。

高級美術品である唐物を持てない人でも楽しめる茶の湯の在り方を目指した、利休のコンセプトの継承者である宗徧ですが、大名である小笠原家に仕え、武家向きの唐物を主体とした室町風の茶と、 降の町人向けの茶という二面性で、自身の茶を体系化しました。

事足りぬ(シンプル)、物寂びを標榜し、フォーマルを身に着けてから、崩してカジュアルを楽しむことが美意識の特色です。

まずは正座に慣れ、点前の流れと床飾り、季節感を平点前という稽古で学びます。次に、日本独自のもてなし「飾りつけ」を学ぶ丸香台、長板、格のある動きを身に着け、宝物の扱いを学ぶ、武家風の真の点前を学び、カジュアルからフォーマルへ動きと心の向上を目指しています。

美的センスを身に着けるための指導の特色

当流では、点前の完成度を高めるため、点前を体の動かし方、美術品である茶道具の扱いという技術に分解して、細部の完成度を高め、知識を伝え美をつくりだします。

身体論

侘びは完成を目指し、努力している謙虚な姿です。肩の力を抜き腰に集中し、狭い空間で他人に迷惑をかけず、建物などにぶつからないよう、動きの無駄をそぎおとして、思考の無駄もそぎおとし、気配を察しやすくし侘びを身体化します。

割稽古

短期間での点前の習得を目指す、当流独自の指導法です。点前を身体の動かし方と道具の扱いに分解し、細部の完成度を高める指導を行います。主客の問答という、自分の言葉で話し、相手の言葉を受け入れられるためのコミュニケーションの指導もあります。

茶箱

茶道のもてなしに必要な道具が組んである、茶箱という点前と、茶味(ちゃみ)のある料理の指導に力を入れ、誰でも和のもてなしができるように取り組んでいます

インストラクター制度

日本文化を広める人になりたいけれど、茶道の先生は難しそう、という現代の声に応え、和の動きと抹茶の飲み方、点て方などを教える資格があります。

社中の稽古の様子

宗偏流

組織へ

Copyright © 茶道山田宗徧流不審庵 All Rights Reserved.